Search
Profile
Recommend
逃れ将棋
逃れ将棋 (JUGEMレビュー »)
森 信雄
これまで将棋の本といえば、定跡や次の一手、詰め将棋・必至などが多くございましたが、新ジャンルの本が登場!!

その名も「逃れ将棋」

受け・凌ぎのテクニックを鍛えてライバルに差をつけましょう!!
Recommend
1手詰ハンドブック
1手詰ハンドブック (JUGEMレビュー »)
浦野 真彦
ついに出ました!
1手詰のハンドブックシリーズ。

オール1手詰の書籍は他にありません。
将棋は玉を詰ませないと勝てません。これからの将棋を始めようという方や、初級者の方のステップアップにオススメです。
Recommend
マイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイド
マイコミ将棋BOOKS 遠山流中飛車持久戦ガイド (JUGEMレビュー »)
遠山 雄亮
道場アルバイトの●●君のオススメ。
「対居飛車穴熊がのっており、非常に参考になります。ゴキゲン党の方は、ぜひ購入してください。」
とのことです^^
Recommend
集中力
集中力 (JUGEMレビュー »)
谷川 浩司
前進流の攻め、光速の寄せ。
将棋の常識を凌駕する驚異の
創造力、そして今でもトップを
走り続けるその秘密がここに!
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
 
twitter
関西将棋会館道場twitter
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM
第42期棋王戦第2局レポート
2017.02.20 Monday 14:17

 

こんにちは、ほりいですタピオカ

 

 

18日に棋王戦第2局が石川県金沢市『北國新聞会館』で行われました。

第1局はリードしていた渡辺棋王が受け間違い千田六段が逆転勝ちを収め1勝。

迎えた第2局は、渡辺棋王が先手で千田六段が2手目3二金と普通なら意表?の一手と言いたい所ですが。

千田六段にすれば当たり前なんでしょうね汗

 

結局は矢倉模様となりスラスラと先後同型の脇システムへ。

そこで千田六段が103局もある前例から外した一手でリードを奪いました。

優勢と言われていた局面が下図。

20170218e

一見筋の7七歩がイマイチだったらしく、上部に逃がす含みを持たせてしまいました。

単に7三桂とかの方が優るということなので筋で迫る手が良くないと・・・。

将棋は難しいですね汗

 

第2局はリードしていた千田六段が攻め間違えて渡辺棋王の逆転勝ちとなりました。

内容・結果ともに1勝1敗という感じですので、改めての3番勝負となります。

日がちょっと空くのは千田六段にとってはよかったのではないでしょうか?感謝

 

第3局は、3月5日(日)

新潟県新潟市『新潟グランドホテル』にて行われます。

 

 

第2局の道場大盤解説会の方は、山崎隆之八段と村田智穂女流二段でした。

山崎八段は相変わらずの人気の高さですねき

自虐ネタを交えつつ、手の解説も丁寧にしていただけるのでいい解説会でした。

 

 

第3局の解説者は、畠山 鎮七段と山口絵美菜女流1級となります。

畠山七段が道場解説会に来られるのはかなり久々なのではないでしょうか?

ぜひお越しください>▽<

 

| 関西将棋会館道場 | - | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
2017.03.22 Wednesday 14:17
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: